金環蝕的日々

本のこと、日々のこと

スポンサーサイト (2015.05.09)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「一瞬の風になれ 第三部 -ドン-」 佐藤多佳子 (2007.04.03)
アスリートとしてどんどん成長していく新二。
新二には負けない…でやはり進化してく連。

同学年でずっとリレーも一緒にやってきていたネギが、県大会の400m予選で50秒を超えると予選突破は難しい…という場面でタイムは49秒48。決勝に行けるか行けないか…とても微妙。
このシーンの、桃内の「よっしゃ、呪うで」がサイコーですね。
一応「人事を尽くして天命を待つ」なんですが、思わずちょっと呪いが入るところがw
陸上競技はほとんどが個人ですが、リレーはチーム。部活もある意味チームです。
このバランスがまた良い感じ。

インターハイ予選で話はおしまいになるですが、この先も読みたい〜…と思ってしまいますね。

それと物語とは別に、100×4のリレー、動画で何かないか思わず探しちゃいましたねw
女子のリレーの動画を発見。
どのくらいのレベルなのかもまったく分かりませんが、感じとして「バトンパスの時も止まらずに走ってる」感じ。…そうか〜、こういう感じなんだ〜。
評価:
佐藤 多佳子
講談社
¥ 1,575
(2006-10-25)

| 佐藤多佳子 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(2)
「一瞬の風になれ 第二部」 佐藤多佳子 (2007.04.02)
新二・連も2年生になり、後輩も入り…の春高陸上部。
第2部、だんだんと経験値も上がり、アスリートとしての視野も広がる新二。
だんだんと経験値が上がる様子が楽しい感じ。
後輩の桃内、何か可愛いなぁw
連が伸びてくる感じも良いですね。
100m10秒台の記録の感じがすごい。
私は走りは全く駄目ですが(笑)、読みながら「どんな世界なんだろうなぁ…」と思っちゃいました。

新二が上がるだけではなく、ストンと落ちたところから上がってくる所も良い感じ。
評価:
佐藤 多佳子
講談社
¥ 1,470
(2006-09-22)

| 佐藤多佳子 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0)
「一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--」 佐藤多佳子 (2007.03.31)
スポーツは自分でやろうと思わない、テレビでスポーツ中継、見ようかな…と思っても忘れてしまってほとんど見たことがない、スポーツを題材にした小説ってのも考えてみればあまり読んだことがないかも…で手に取りました。
私、運動徹底的に苦手派ですw
1番の影響は本読み友だちの「面白かった!」の感想だったりw

いや。運動嫌いでも陸上経験なくても面白いです。マジで。
高校時代に陸上やっていた…とか、高校時代の部活が運動系だった…って人はもっと臨場感感じたり懐かしかったりするのかもですが、経験なくても十二分に楽しめます。

サッカーの天才の兄と一緒にずっとサッカーをプレイしつつ限界を感じてやめてしまった新二。
天才スプリンターながら中学途中で陸上をやめてしまった連。
特に陸上がとても強い訳ではない公立高校の陸上部に入部するまでの導入部からページをめくる手がどんどん早くなる感じですわ。

新二は素質は十二分にあるんですね。
本人には自覚ないし、結構ビビリまくったり経験がない分から回りしたり。
レベル1からだんだんと経験値を積んでいく感じです。

柔軟なからだで天性の走りをしつつもどこか脆くて微妙に勝ちきれない親友・連も良い味ですね。
実は夏季合宿でひそかに脱走しようとした連を同学年の部員・根岸とこっそり探しに行くエピソードが好きですw
春之台の監督・みっちゃんの脱力加減(良い意味で力まない)も楽しいなぁw

吉川栄治文学新人賞、本屋大賞受賞作。
| 佐藤多佳子 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(1)
「黄色い目の魚」 佐藤多佳子 (2007.03.02)
海辺の高校で、同級生として二人は出会う。
周囲と溶け合わずイラストレーターの叔父だけに心を許している村田みのり。
絵を描くのが好きな木島悟は、美術の時間でデッサンをして以来、気がつくとみのりの表情を追っている。
友情でもなく恋愛でもない、名づけようのない強く真直ぐな想いが二人の間に生まれて――。


10代の、真っ直ぐでもどかしくてキラキラしたものがいっぱい詰まっていて、なかなか眩しいです。
二人とも煮詰まったり、グラグラしたり、逃げてみようとしたり…色々ある訳ですが、最終的には逃げたり誤魔化したりしない、正面から受け止める感じがとても綺麗で良い感じ。
二人の高校生がお互いを「村田」「木島」と苗字で呼ぶのも良いなぁ…とオバさんは思ってしまったりして。

周囲の大人たちの強くない様も良いなぁ…。

評価:
佐藤 多佳子
新潮社
¥ 660
(2005-10)

| 佐藤多佳子 | 23:13 | comments(2) | trackbacks(1)