金環蝕的日々

本のこと、日々のこと

スポンサーサイト (2015.05.09)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「コーリング闇からの声」 柳原彗 (2008.04.27)
死者が出た部屋の清掃業務を行う「特殊清掃屋」として働く零と純也。
なんらかの事情により発見が遅れた死体の腐敗液などを徹底的に洗い流し、消臭作業をするのが彼らの仕事だ。
ある日、彼らはアパートの風呂場に溶けて死んでいた女・津島恵美の部屋の清掃を行う。
ところが霊的感応が強い純也は、恵美の生前の姿を見てしまい、彼女の「闇」に引き寄せられていく。
ネットサーフィン中に偶然にも「津島恵美」の名を発見した純也は、次第に零とともに恵美の死の謎を追い始める…。


主人公の純也は霊的感応力のあると言う設定ですが、最初に特殊清掃に出向いた部屋で死んでいた若い女性の幽霊を見た…くらいで霊的なものはあまり出てきません。
純也と零が亡くなった女性について探る動機づけみたいな感じでホラーではないです。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)のネット上のつきあい、オフ会から何故津島恵美という女性が美容整形に走ったか、また走った後何故死ぬ事になってしまったか…まで行くと謎が解きほぐされていく過程が怖い感じです。

SNSに限らずNet上での他者とのつきあいってのも連絡方法はメールやブログ(やSNSの日記に対するコメントを通して)…な事が多いですよね。
オフで会う…というのはリアルの友人と会うのと比べると格段に少ないのが一般的な気がします。
近付きになったとしても離れようと思った場合はリアルの生活で消えるよりは簡単に消える事が出来たりしますし、反対に消えられてしまう事もある訳です。
それはそれ…で割り切っている人が普通ですがそれに毒されてしまった場合はやはりそうとう怖いなぁ…と。

作中に出てくる韓国の「扇風機おばさん」と呼ばれる女性の事は知らなくて今回読後に検索しました。
画像もありました…これは怖い…。(これはご自分でgoogle などで検索してみて下さいませ)
ここまで劇的な失敗例でなくても度重なった美容整形の結果マジで怖い人って結構いるか…と考え込んじゃったりもします…。
美容整形の結果美しい顔を手に入れたとして、加齢などでまた崩れる部分も出てくる、それをどうする(さらに整形を追加するか、手を加えない…みたいな選択がありますよね)か…。やめ際の判断はかなり難しいかも…と考えると更に怖い。
フツーの美容整形から自分で薬剤を注入とか違法でグロい世界に、そしてある伝染病に…と怖さもいや増します。

私はこうしてNet上で本の感想書いたりしてますからネットの話も結構ヒンヤリ感じましたし、美容整形はやった事はないですが「美しくなりたい」な部分はまったく分からない…と言う事はさすがにない(笑)のでそこもまたヒンヤリ…とリアルな分、人間の暗い部分が怖い作品でした。

特殊清掃屋、という設定に惹かれてしまいました…(笑)。 この特殊清掃屋の青年たちと坊主で医学関係者のペニノ、気風の良い風俗嬢の姐さん、…何かこのままシリーズ化して欲しいなぁ…。
文末にあった「死体まわりのビジネス」(アラン・エミンズ)という参考文献、読んでみようかな…と。
| 柳原慧 | 11:00 | comments(0) | -
「幻夜」東野圭吾 (2005.04.20)
幻夜
幻夜
posted with 簡単リンクくん at 2006. 2. 6
東野 圭吾著
集英社 (2004.1)
通常24時間以内に発送します。


オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る「あたしらは夜の道を行くしかない。たとえ周りは昼のように明るくても、それは偽りの昼。そのことはもう諦めるしかない」

阪神淡路大震災の夜から始まる、闇の側に生きる人たちの話です。
「白夜行」の続編になるでしょうか。
続編といっても同じ登場人物がいる訳ではないので、どちらを先に読んでもかまわない感じがします。

この話は2人の男女が出てきますが、主人は女性の方。
ここまでやったらいっそお見事なくらい凄いかも。
新海美冬と呼ばれているこの女性、現在だけで過去は一切出てきません。
うっすらとは過去が出てきますが具体的ではなくあくまで暗示的。

「白夜行」では夜を歩く2人の男女は決して内面を見せずに物語から去っていきました。
この「幻夜」でも内面は伺えませんが、犯行は「白夜行」よりは具体的に出てくる感じです。
どちらが好みか…と問われれば、「白夜行」かな〜…というのが正直な所。
「幻夜」面白く読みましたが、好み的には「白夜行」という感じ。

以下ネタバレです→|この新海美冬を名乗る女性、本物の美冬よりは5〜6歳くらい年が上らしい…んですがある程度の年齢までは「若作り」も可能ですがそれ以上になると「妖怪度」が増すだろうな…とか、美容整形を繰り返すとどんどん恐いご面相になっちゃうよな…とか変な所が恐かったりして。
この美冬さんの20年後とかは見たくないかも…とマジで思ってしまいました。
雅也が拳銃で撃とうとしたのは美冬ではなく、刑事の加藤だよな〜…やはり。
|←ネタバレ終了
| 柳原慧 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0)