金環蝕的日々

本のこと、日々のこと

<< おくらのゼリー寄せ | main | 8月の読書 >>
スポンサーサイト (2015.05.09)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
6月の読書 (2014.07.02)
2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2385ページ
ナイス数:84ナイス

転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)
再読。
読了日:6月7日 著者:今野敏
ペトロペトロ感想
碓氷刑事のシリーズ。今回は事件そのものが結構動機が「??」になった気が。ペドログリフなどの道具立ては結構面白いけれど何となく事件そのものは「??」のまま、って感じ。汗。
読了日:6月9日 著者:今野敏
空襲警報 (ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリス)空襲警報 (ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリス)感想
既読の作品もあり。シリアスな終末の寒々しい風景が印象的。付録の受賞スピーチが本に対する愛にあふれていて一番感慨深かったり。
読了日:6月19日 著者:コニー・ウィリス
あなたはそっとやってくるあなたはそっとやってくる感想
15歳の異人種間の恋の物語。惹かれ合う瑞々しさと、周囲の奇異の目。表立ってではなくても存在する差別。走ってはいけない、と言うのが深く厳しい。。。。
読了日:6月19日 著者:ジャクリーンウッドソン
花に舞う鬼花に舞う鬼感想
「梨園の娘」が気になっていた所に前譚らしい、と手を出し。昔々のBL同人誌のような濃厚な鬼畜さにグラグラ。笑。芸に昇華するくだりは面白いんですが。バブルの頃のお話なのね。
読了日:6月20日 著者:東芙美子
梨園の娘 (単行本)梨園の娘 (単行本)感想
今源氏と評される美貌の人気役者を父に持ち、自身も芝居をやりたいと熱望する娘。芝居の世界の黒い部分、汚れた部分を知っているだけに愛娘だけはその世界に近づけたくない父親たち。オヤジ軍団の父たちの手の回し方が前作同様結構エグい。笑。ギャグ寸前のセリフまわしが黒さを結構緩和している気が。笑。圭と父の最後のやり取りがなかなか良いです。
読了日:6月21日 著者:東芙美子
全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班 (講談社X文庫 こC- 1 ホワイトハート)全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班 (講談社X文庫 こC- 1 ホワイトハート)感想
実は妖アパ結構登場人物忘れていて、慶ニさんって誰?と素で首をひねってしまった。登場人物紹介でようやく「あぁ、そうなのか」と。笑。
読了日:6月30日 著者:香月日輪

読書メーター
| 読書 | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2015.05.09)
| - | 18:17 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://t-eclipse.jugem.jp/trackback/1042
トラックバック