金環蝕的日々

本のこと、日々のこと

<< 燃える男 | main | 「マーダー・ネット」 >>
スポンサーサイト (2015.05.09)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「スロウハイツの神様」 辻村深月 (2007.06.07)
スロウハイツの神様(下)スロウハイツの神様(下)辻村 深月 講談社 2007-01-12売り上げランキング : 86857Amazonで詳しく見る by G-Tools


ある快晴の日。
人気作家チヨダ・コーキの小説のせいで、人が死んだ。
猟奇的なファンによる、小説を模倣した大量殺人。
この事件を境に筆を折ったチヨダ・コーキだったが、ある新聞記事をきっかけに見事復活を遂げる。
闇の底にいた彼を救ったもの、それは『コーキの天使』と名付けられた少女からの百二十八通にも及ぶ手紙だった。
事件から10年――。
売れっ子脚本家・赤羽環と、その友人たちとの幸せな共同生活をスタートさせたコーキ。
しかし『スロウハイツ』の日々は、謎の少女・加々美莉々亜の出現により、思わぬ方向へゆっくりと変化を始める……。



少しずつ小出しに話が進みます。
読んでいて気になる部分が他のエピソードに繋がり、繋がったと思ったら一旦切れ…。

これは10代、20代の人の方が楽しめる要素が多いかも…と思いつつ新しい入居者加々見莉々亜の出現で何となく不協和音かな…と、どういう風に展開するのか結構気になる〜…と結構一気に読みました。

ラストになって…伏線が回収されると…なるほどねぇ…。
何気なく読んでいた部分にもこういう事か…があって楽しめました。
ほんのりと暖かい読後感。

『「おとぎ話」という言葉を辞書で引いてみたら、「現実には到底ありえなさそうな、夢のような話」とありありました。揶揄めいて使われることも多い言葉。だけど、たくさんの「おとぎ話」が、きっと今日もどこかで誰かを幸福にしているはず。』
作者の扉裏の言葉がなるほど〜…の感じ。

結構楽しみました。
| 辻村深月 | 15:44 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト (2015.05.09)
| - | 15:44 | - | -
コメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2009/11/26 4:35 PM |
藍色さん、こんにちは。
こちらからもトラックバックさせていただきますね。
| ろみ@eclipse | 2009/11/26 10:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://t-eclipse.jugem.jp/trackback/391
トラックバック
スロウハイツの神様 辻村深月
小説を模倣した事件から十年。筆を折っていたチヨダ・コーキは見事復活し、 売れっ子脚本家・赤羽環たちとの幸せな共同生活をスタートさせた...
| 粋な提案 | 2009/11/26 3:58 PM |