金環蝕的日々

本のこと、日々のこと

<< 雪かき、雪かき | main | 台風並み >>
スポンサーサイト (2015.05.09)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「ア・ソング・フォー・ユー」(柴田よしき) (2008.01.23)
評価:
柴田よしき
実業之日本社
¥ 1,785
(2007-09-19)
子供たちはみんな幸せであるべきだ。
子供たちを幸せにすることができないのなら、俺たち大人なんて、生きてる価値なんかない。

呪いの藁人形、捨てられた赤ん坊、骨折した靴磨き、逃げたインコ、殴られたゲーセン景品売り、消えた骨壷。
絡み合う謎を解きほぐすその探偵は、絶望の淵にいる子を決して見捨てない。


「ブルーライトヨコハマ」「アカシアの雨」「プレイバックPART3」「骨まで愛して」。
懐かしい歌謡曲の響きになぞらえた4つの物語。
弱く哀しい人間への優しい眼差しが注がれた連作ミステリー無認可保育園の園長兼私立探偵・花咲慎一郎シリーズの4作目。
底辺で生きざるを得ない子どもたちに対するハナちゃんの優しい眼差しや、子どもたちの幸せのために走り回るハナちゃんがやはり好きです。

時々重く、でも暖かい…なハナちゃんシリーズ、はまると結構くせになりますよね。
| 柴田よしき | 11:13 | comments(3) | -
スポンサーサイト (2015.05.09)
| - | 11:13 | - | -
コメント
>「ブルーライトヨコハマ」「アカシアの雨」「プレイバックPART3」「骨まで愛して」…

なんだか懐かしい歌の数々。(←年がバレバレ)
これがミステリーの書名というのですから、興味もわきますね〜。

ぴー太郎はどっちかというと赤毛もの(←ふ、ふるい!誰も理解できないって。)専門なんですが、柴田さんは時々読みます。
書名に凝ったミステリといえば、ドナ・アンドリュースの
「庭に孔雀、裏には死体」「野鳥の会、死体の怪」「13羽の怒れるフラミンゴ」とか、
ジル・チャーチルの「ゴミと罰」「毛糸よさらば」「クラスの動物園」「豚たちの沈黙」なんてのを思い出しますね〜。

どちらも女性作家のせいか、殺人事件といってもライトに読めますです。
ジル・チャーチルのシリーズは2サスの枠でドラマ化されています。(片平なぎさ、細川茂樹主演で)

雪が降る、雪が降ると脅しまくっていた気象庁。
関東は今朝からずーっと雪模様。。。
予報が当たって胸をなでおろして?いることでしょう。。。
| | 2008/01/23 1:52 PM |
> ぴー太郎さん
お若い人だと唄そのものを知らないかも…になっちゃいますよね、多分w

ドナ・アンドリュース、ジル・チャーチル、どちらも読んでいないかも…。
ユーモアがあってさらりと読める感じ?
読みたいリストに追加ですわv
ジル・チャーチルのタイトルは翻訳者さんも上手いタイトルつけたものだ(苦労したろうなぁ…w)などと思ったりしますw

今朝のニュースで羽田で雪…とやっていました。
交通機関は大丈夫ですか?
| ろみ | 2008/01/23 5:03 PM |
お早うございます。
昨日の吹雪?はどこへやら、快晴の東京でありまする。
雪は昨夕から雨に変わり、、、ちょっとつまんないであります。m(_ _)m

>ドナ・アンドリュース、ジル・チャーチル
機会があったら読んでみてください!(←布教中)

ドメスティック・ミステリとかハウス・ミステリといわれるものですが、主人公の女性&周りの友人などバラエティがあって楽しめます。
特にジル・チャーチルのものは、旦那が事故で死亡(ホントは愛人と逃げる途中だった)、残された子供3人を抱えながらも事件解決に乗り出す、という設定。

>残された子供3人…でもハンサムで切れ者の刑事が恋人に…という妄想満開チックな展開がはまります!

猟奇殺人とか連続殺人に疲れた時に、愛読していますです。

朝から布教活動のぴー太郎でした。
| ぴー太郎 | 2008/01/24 9:34 AM |
コメントする