金環蝕的日々

本のこと、日々のこと

<< 「スティーヴン・キングのザ・スタンド」 | main | 行列の図 >>
スポンサーサイト (2015.05.09)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「おそろし 三島屋変調百物語事始」(宮部みゆき) (2008.10.29)
評価:
宮部 みゆき
角川グループパブリッシング
¥ 1,785
(2008-07-30)
息をのみ、ふるえ、涙して…
江戸中から集められたふしぎ話の主役は、生きながら心を閉ざす者、心を残して命を落とした者、
そして心の闇に巣くう、人外のもの――。

17歳のおちかは、実家で起きた事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。
ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。
そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の対応を任せて出かけてしまう。
おそるおそる客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていく。
いつしか、次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて――。


お話の系統としては人外のものも出る「天狗風」や「あかんべえ」に近いテイストでしょうか。
三島屋に持ってこられる話はひとつひとつには特に関わりがない訳ですが、話を聞くおしまを通して繋がっていき、最後に大きく動く…という感じ。
副題が「三島屋変調百物語事始(みしまや・へんちょう・ひゃくものがたり・ことはじめ)とあるようにこの1冊だけで終わる感じではないです。
その分、ラストにまだ「続く」感じ(人外の者っぽい家守りとのやりとりとか)が残るので「あかんべえ」や「孤宿の人」のようなきっちりした終わり方ではないです。
次の百物語を楽しみに待つ事にしましょうか。
| 宮部みゆき | 13:54 | comments(0) | -
スポンサーサイト (2015.05.09)
| - | 13:54 | - | -
コメント
コメントする